台風14号の影響によりお届けが遅れる可能性がございます。


お届け先1件につき8,000円以上ご購入の場合は全国送料無料(詳細はこちら)


沖縄の泡盛と、和歌山産の南高梅。
本場の知恵を生かした、甘さ控えめ梅酒




龍神往来 碧梅

沖縄の碧い海をイメージした「龍神往来 碧梅」。
泡盛菌という沖縄県原産の黒麹菌を使用し、アルコールその他添加物を一切使用していない“泡盛”に、和歌山産の南高梅をたっぷり漬け込んだ、沖縄と和歌山の産物から生まれた“泡盛梅酒”。
甘さを控え、梅の風味の中にも、しっかりとした泡盛の味わいを感じさせるスッキリとしたのど越しの、奥深い梅酒に仕上げました。

従来の酒蔵・中野BCでは、梅の味わいを活かすために「ホワイトリカー」のみの梅酒造りを行ってきましたが、この梅酒のために泡盛仕込みを初めて行いました。
本場の声を聞き、米の旨味が生きた、梅に合う泡盛を選び抜きました。

泡盛とは…
泡盛菌という沖縄県原産の黒麹菌(くろこうじきん)でつくった米麹(こうじ)を水に混ぜ泡盛酵母を加えて発酵させ、単式蒸留機で蒸留した沖縄県特産のお酒です。
ウイスキーやブランデーと同じ蒸留酒ですが、酒として飲まれ始めたのは、それらの酒より百年以上も前からで、本土の本格焼酎の源流であるというのが定説です。
カメやタンクで熟成させる泡盛は無色透明で、そのため米の風味が生きているのが特徴。 なかでも3年以上熟成させた泡盛は古酒(クース)と製品にうたわれ,珍重されています。



“梅”と言えば紀州「和歌山」

紀伊山脈と海に囲まれた温暖な気候である和歌山で梅は育ちます。弊社は、“梅どころ”に位置している利点を生かして、日本一の梅の里である和歌山県日高郡みなべ町の新鮮な選りすぐりの南高梅を入荷し、その日のうちに梅の漬け込みをしています。



和歌山発
心を込めた商品を届ける道『龍神往来』


江戸時代に和歌山から江戸や大阪に名産品を届けていた山間部のルートの名称でしたが、今回は、和歌山でこだわりぬいた梅を栽培している山本 譲氏の"減農薬"の南高梅100%でできた、こだわりの梅酒を新しい「龍神往来」としてお届けします。

当店「長久庵(ちょうきゅうあん)」は酒蔵・中野BCの直営店です。
商品名 龍神往来 碧梅 1800ml
容量 1800ml
アルコール度数 20度
原材料 泡盛、南高梅、砂糖
酒類 梅酒

商品番号 gd365

【GI和歌山梅酒 認定】
甘さを控えた泡盛梅酒
龍神往来 碧梅 1800ml

販売価格 ¥ 2,860 税込